レジストリ

Top > レジストリ

レジストリ編集をする

レジストリをいじれば、ボタンに任意の機能を割り当てたり、カメラの音を消したりできます。
ただし、設定を誤るとOSが動作しなくなるなどの危険があるのでご注意を。
同様の機能を実現するソフトウエアも配布されているので、自信が無い方はそちらをお使いください。

レジストリディタによる編集

レジストリ編集方法

下記のサイトが詳しいです。
http://wmtune.com/

カメラの音を消す

専用のアプリケーションがあるので、直接レジストリをいじらなくても大丈夫です。(アプリケーション参照)

レジストリエディタで実現したい場合
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\PICTURES\CAMERA\GENERALSETTING\SHUTTERSOUND]
CURRENTを「1」か「2」にすればOK
デフォルト
CURRENT = 0

ホームボタンクリックで起動するアプリケーションの変更

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Toshiba\Menu]
"HomeAppPath"="起動するアプリケーションのパス"
デフォルト
"HomeAppPath"="\Windows\\NFBWidgets.exe"

カメラボタンの長押しで起動するアプリケーションの変更

  • 方法1
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Shell\Keys\40C3]
    値を適宜変更(詳細未調査・報告希望)
  • 方法2
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\ControlPanel\Buttons]
    NoHardwareButtons = 0
    デフォルト
    NoHardwareButtons = 1
    [スタート] -> [設定]の「ボタン」から任意の機能を割り当てることができるようになる。

Today画面のアイテム間の分割線の表示/非表示の切替

キイ[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Today] に
dword値 "HidePluginSeparators" を作成。
0 で表示、
1 で非表示。

プログラム/設定の画面のアイコンの間隔やフォントサイズの変更

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Shell]に
キイ[IconConfig]を作成、そこにdword値
"HorizontalIconSpacing"
"VerticalIconSpacing"
"IconTitleFontSize"
を作成してそれぞれに適当な数値を入力。

タッチパネル感度調整

[HKLM\Drivers\Touch]
①感度重視
"NumberOfDisregard"=1(10進数) "NumberOfPartitions"=200(10進数) "X_Revisions"=0
②精度重視
"NumberOfDisregard"=20(10進数) "NumberOfPartitions"=20(10進数) "X_Revisions"=0
※不満がなければ無理にいじる必要はありません。
T-01Aのタッチパネル操作は、スタイラスを使うか爪タッチが基本。爪を特に伸ばす必要はなく、トンと軽く叩く時に爪が接触するようにすればいいだけです。

動画の撮影時間制限の拡大

[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\Pictures\Camera\ModeSetting\VideoSetting\CaptureTimerLimited]
デフォルトの"2"="600"(10分)を"2"="3600"(1時間)に変更。

IE(Internet Explorer)の表示幅調整

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main]
"Viewport Width"=480に変更←10進数
横メインなら800で

IE(Internet Explorer)のSIPをいちいちポップアップさせない!

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main]
"Disable Auto SIP"=1に変更

IE(Internet Explorer)のデフォルトの画面倍率変更

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main]
"OverviewZoom"=100に変更

ホームキーでTodayとスタートメニューを交互に開く

①MortScript4.2をダウンロードし、解凍してMortScript-4.2-SP.cabをインストール。
②新規テキストファイルを作成し、「SendSpecial( 91 )」 と1行書き込み、homekey.mscrといった感じにリネーム。
③作成したスクリプト(.mscr)をT-01Aの適当なところに置く。例えば、\Program Files\Scripts1といった具合に。
④レジストリを編集する。HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Toshiba\Menu\HomeAppPath この項目のデフォルト値
\Windows\NFBWidgets.exe を\Program Files\Scripts1\homekey.mscrという感じで、先ほどのスクリプトを指定。

最終更新日: 2010-12-29 (水) 23:23:22 (2826d)

このページをブックマーク:

このページのURL(コピペして利用下さい):

新規ページ作成

TOP