Counter: 115289,today: 3,yesterday: 3
recent(20)
2020-03-122012-10-152010-12-29

iモードメール使用法

(執筆中。後ほど画面写真を入れる予定)
iモードメールをXperia本体のみで運用することはできません。

しかし、iモード.netというサービスと、IMoNiというAndroidアプリを使うことで、ほぼ普通のケータイのようにiモードメールを利用することができます。

iモード.netとは?

iモード.netはNTTドコモが提供している、PC/スマートフォン用のWebメールシステムです。iモードメールの送受信が可能ですが、Webメールなので一般的なiモードメールのように気軽に使えるというものではありません。
今流行りのWebクラウドサービスで手元にメールを残すことができないので、かなり不便です。
有料サービスで月額210円(税込)。

IMoNiとは?

iモード.netを介してiモードメールを送受信することのできるAndroidアプリです。Android端末であればiモード.netにアクセスできるので、回線を問わず(無線LAN接続下や他社回線でもOK)にiモードメールの送受信が行えます。また、ローカルにメールを保存することができます。

IMoNi+iモード.netの運用

IMoNiは設定時間ごとにiモード.netを介してメールがないを監視します(手動でも可)。あるていど短い間隔に設定しておけば(最低で3分間隔)、ほとんど一般的なメールの感覚でiモードメールの送受信が行えます。また、送信直後の一定時間はチェック時間を短くできるというオプションもあります。

FOMAの回線は2回線必要か?

基本的には1回線のみで運用可能です。

買い増しの場合

すでにこれまでFOMAのケータイでiモードを使ってきた場合、iモードのメールアドレスは取得できているはずです。これをそのまま使うのであれば上記のiモード.netを運用するだけです。

Xperiaで新規契約、MNPした場合

XperiaがはじめてのNTTドコモの回線である場合、白ロムなどなんらかの形でiモードに対応しているケータイを入手してFOMAカードを入れ替え、iモード対応ケータイにてiモード関連の設定を行う必要があります。この場合でも2回線は必要ありません。ただし、iモード対応ケータイは必要になります。

注意点

iモードメールアドレスの取得はできない

iモード.netではメールアドレスの新規取得(または変更)はできません。
上記のように白ロムなどで通常のケータイを入手して、iモードのメールアドレスを取得してから運用する必要があります。

30日間で1000通の上限がある

iモード.netからはサーバのメールを削除しない(あくまでミラー)という仕様になっており、1000通(または10MB)が上限となっています。この上限に達した場合、古いメールは30日経過するとサーバから削除されます。この上限に触れない場合、なんら問題はありません。
対策としては、一定の周期で通常のケータイにSIMを交換してメールを削除する等があります。このあたりに関しての詳細は後日執筆予定。

利用は自己責任で

IMoNiはDoCoMo公式アプリではないので、いつ使えないようになってもおかしくありません。ある日突然利用できなくなったとしても、IMoNi作者さんやDocomoに泣きつかないようにしましょう。
どうしてもiモードメールが無いと困る人はdocomoが推奨する使い方をお勧めします。


͂ĂȃubN}[N